• 旭川モーニングロータリークラブ

    WCS
    《国際奉仕事業報告》

    初めての世界社会奉仕事業
    ー 母子の健康 ー

    初めての世界社会奉仕事業(WCS)「奉仕の実践」の取り組みは「母性(妊婦)の健康管理と保護」に関するプロジェクトの支援の実行でした。

    現地からのメールには、経過報告書と共にたくさんの写真が送られてきました。
  • 世界社会奉仕事業母子の健康

    2006年、3400地区インドネシア・スラバヤ・ツンジャンガRCの呼び掛けは、母性、妊婦のおかれている環境の悪化、激しい貧血による敗血性ショックや子癇等による死亡率が非常に高く、家族の教育と公共医療機関の緊急整備が必要である事と妊婦の精神安定と安産への改善、貧しい母性への資金援助、家族の理解(教育の強化)など「母性(妊婦)健康管理と保護」の基礎づけなどでした。
    ※初めての世界社会奉仕事業から抜粋


  • bbプロジェクト視察

    2016〜2017年、当クラブは「世界で良い事をしよう」標語の下に人道的プログラム《水と衛生》人々の健康状態の改善に取り組んでタサラー・ナコーンスリーRCとの共同で五つの小中学校を中心に、そのコミュニティに水の大型浄化装置を設置しました。
    現地にはまだまだ日本では理解できない環境があります。
    ※D3330ナコーンシータマラート地域現地報告から抜粋

  • ー 水と衛生 ー

    ロータリー財団のグローバル補助金を活用して地域社会のための清潔な飲料水の公平な提供をめざし大型浄水器を設置しました。
  • 特に印象に残った言葉が 『自分達の山水は腐って濁っている、こんなに透き通った綺麗で美味しい水が飲めることに嬉しく感謝している』…水は近くにダム湖がありそこから給水しているとの事でした。その水は緑青黒い色をしており透明度のないもので日中の温度が35℃〜40℃と気温が高く流れの穏やかな川、水が腐っていると表現した生徒さんの感謝の言葉を理解できるものでした。
    ※「D3330 カーンチャナブリーRCとのGGP完成引渡式現地視察報告」から抜粋

  • bbプロジェクト視察

  • bbプロジェクト視察


     
    現地で利用している車両は20年以上も走行していて現地調査では走行不可能な状況であり「病気予防と治療」医療サービスの質の向上や地元医療機関の利用がし易くなるなど医療機関はもとより地元住民に恩恵を受けることを確認できました。
    ※「採血輸送車贈呈式現地訪問」から抜粋

  • ー 病気予防と治療 ー

    2018年度 Rotary Global Grantを活用してバィタマンrcとの共同事業として冷蔵庫付き採血輸送車をサンラ総合公立病院(インドネシアバリ島赤十字社)に寄贈する計画を実行してきました。
  • 旭川モーニングロータリークラブ

    Introduction

    ークラブの紹介と概要ー

    1993年、国際ロータリー第2500地区 第3分区に創立した《モーニング》という名のついたクラブでは、全国4番目になります。
  • 旭川モーニングロータリークラブシンボルマーク
    Symbol シンボル
    4個の輪とロータリーマークで構成されたシンボルマークの4個の輪は。四つのテストを表現し、輪のつながりは、ロータリアン同士の団結と信頼と調和を表しています。
    • 《 四つのテスト 》
      言行はこれに照らしてから
    • 1.真実かどうか
    • 2.みんなに公平か
    • 3.好意と友情を深められるか
    • 4.みんなのためになるかどうか